FC2ブログ

クワガタ飼育ライトノベル『彼女のクワガタ趣味が俺の人生を侵食しそうな件』その1

宮間さくら

「ええと、この子たちオオクワガタなんですけど――」
「いやいやいや、ちょっと待って。なんでオオクワガタ――って、でかッ!」

平田京助



 俺が知っているオオクワガタとは違う。
 いや、オオクワガタには間違いない。けど、明らかにサイズが巨大すぎた。
 掌に乗せたら圧巻だろう。この時期になると、ホームセンターに売っているのを見かけるが、ハッキリ言って雲泥の差だ。この大顎に挟まれたら、タダでは済まないような気がする。

 驚く俺を見て、彼女は「ふふっ」と、得意気に笑った。
「大きいでしょう! この子、84ミリもあるんですよ! けど、家の中には、もっと大きい86ミリの子が――」

 ――8センチ以上か。
 このような昆虫が山の中にいたら、絶対驚いてしまうだろう。

 オオクワガタと言えば、ちょっとした贅沢品というイメージがあった。
 普通のクワガタが数百円で購入できるのに対し、オオクワガタというのは二、三千円は出さなければならないというイメージ。昔、親父に聞いたことがあるが、二十年ほど前は『黒いダイヤ』と呼ばれて十万円ぐらいしていたそうだ。そう考えると、庶民的な存在になったものだ。

 彼女の手にあるふたつのプリンカップの中には、それぞれ♂と♀が入っている。
 元気いっぱいに動き回っていた。

「これはちょっと……凄いな」
 飼う気などないが、珍しいモノを見せてもらったという気持ちだった。
「へ? す、凄いですか? 興味ありますかッ? そ、それなら、私の部屋に来ます? もっといっぱいクワガタがいますよ! オオクワガタ以外にもたくさんあげられるものがありますから! 是非もらってください!」
「お、俺、そんなにクワガタ好きじゃないぞ!」
「え? あ……ご、ごめんなさい……そう、でしたか」

 しゅん、と、蝋燭の火が消えたように落ち込んでしまう彼女。
 なんだかとても申し訳ないようなことをした気になってしまう。
「いや、嫌いってわけじゃなくて、その、なんていうか好きでもないけど、嫌いでもなくて……きょ、興味はあるんだよね。そのオオクワガタだってかっこいいし」
「本当ですか!」
 目をきらきらさせてこっちを見てくる。なんだろう、眩しい笑顔とはこういうものか。

「じゃ、じゃ! 行きましょ! いっぱいいますから! 絶対、お気に入りの子が見つかりますから!」
 彼女は、テンション高く俺の腕を掴むと、引きずっていくのだった。

「ほらほら、家、すぐそこですから!」
 すぐそこというか、隣じゃないですか。知ってますよ。

 そんなわけで、俺は靴下のまま彼女の部屋へと引きずり込まれていくのであった。
 これではクワガタではなく蟻地獄である。
 というか、いいのだろうか。女の子の部屋に入って。
 こういうのをナチュラルに許されるのって、小学生までだよね。



昔のクワガタ今のクワガタ

 かたりが子供の頃(二十年以上前)、カブトムシやクワガタは非常に気軽な趣味でした。
 いや、趣味というか、夏になったら飼うみたいな感じでしょうか。
 商店街の縁日で、ペットショップが露店販売していたり、
 夜遅くに森の中へ取りにいってました。
 家が田舎だったもので、家の電気をつけておけば、網戸に突っ込んできたりもしましたね。

 飼育もかなり適当で、飼育ケースに畑から持ってきた土や、花壇用の土を入れて、フルーツの皮を放り込んでおいた記憶があります。

 しかし、最近は随分と本格的になってきました。
 というのも、外国産のクワガタの輸入が一般化され、大事に育てる人が多くなってます。

 巨大で凶暴なパラワンヒラタクワガタ
パラワン
かっこいいですね!



 宝石のように美しいニジイロクワガタ
ニジイロ
本物はもっと綺麗です!





 見ているだけでもワクワクしますね。家で飼うことになったら、圧倒的所有感に満たされるでしょう。僕が子供なら自慢したくて仕方がないです。というか、大人になっても自慢したくて仕方がないです。

 外国産の高級なクワガタを手に入れてしまうと、手間暇をかけて飼育したくなります。
 けど、クワガタって意外と丈夫で杜撰な飼育でも結構長生きするものです。

 個人的に、クワガタに限らずペットの世話というのは
『その人のできる範囲』で、やればいいと思います。
 ペットというのは、お金をかけようとすれば、どれだけでもかけることができます。
 いや、趣味全般がそうですね。

 けど、ピンからキリまである予算の中で、取捨選択をしながら、自分に合った楽しみ方をすればいいと思います。正直なところ、クワガタの飼育なら百円ショップに行けば、必要な物すべてが揃ったりもするんです。
 クワガタに限らず、どんな趣味でも、まず初めてみると思えばいいと思います。
 行動しなければ世界は広がらないのですから。



クワガタ飼育ライトノベル『彼女のクワガタ趣味が俺の人生を侵食しそうな件』

 オリジナルクワガタライトノベル
『彼女のクワガタ趣味が俺の人生を侵食しそうな件』

 クワガタをテーマにしたライトノベルです。
 クワガタの魅力や飼育のヒントなどを盛り込みながらブログで連載していきます。
 最終的に文庫本一冊分ぐらいの文章量になればいいと思っています。


平田京助 宮間さくら


 プロローグ

 高校一年。夏の暑い日のことだった。
 学校から自宅の安い学生アパートに帰ってきた俺は、何もする気が起こらなかった。
 効きの悪いエアコンに晒されながら、ソファでぐったりとくたびれる。

 すると、インターホンが『ピンポーン』と機械的な音を奏でる。

 俺は、気怠そうに意識をやる。
 けど、意識をやるだけで動こうとはしなかった。
 どうせ、新聞か宗教の勧誘だろう。
 聞かなかったことにしよう。
 けど――。

『すいませーん』
 ドアの向こうから、天使のように綺麗な女の子の声が聞こえた。
 保険の勧誘にしては声が若い。
 俺の耳が意識が再び奪われる。

 ここは学生マンション。お隣さんか? そう言えば、たまにだが登校時に姿を見かけることがある。たしか、凄くかわいい子だ。制服は近所のお嬢様学校。容姿端麗文武両道など、俺からすれば高嶺の花である。

 ともすれば、聞かなかったことにできるわけがなく、俺は玄関へと赴いた。
 軽く服装を整え、顔を引き締め――。
 ――そして扉を開ける。

 すると、そこには紛う事なきお隣さんが佇んでいた。

 小顔で小柄な女の子。ぴょこんとしたかわいらしいツインテール。
 高校生だが、表情には若干の幼さが残っている。アイドルかと思えるほど神々しい。

「な、なんすか……?」
 俺は困惑していたが、みっともない対応をしたくないから、しれっとしたクールな挨拶をする。

「あ、あの……」
 おどおどしながら上目遣いを繰り出す彼女。これまたキュートな仕草だった。
 彼女の手にはプリンカップがふたつ。
 
 ――おそらく、これはひとり暮らしの男性によくあるイベントだ。
『おかずを作りすぎちゃったんで、お裾分けです』みたいな。その後、俺たちは距離を縮め、青春を謳歌するために大海原へと解放されるのだろう。

 麗しき隣人は、持っていたプリンカップを勢いよく差し出しながら言った。
「く、くわがた作りすぎちゃったんで、もらってくれませんかっ?」
 俺は、くわがたという料理を聞いたことがなかった。
 だから、彼女の言葉を繰り返す。

「……く、くわがた?」
「は、はい! し、知ってますよね? 黒くて、ハサミのある――」

 昆虫のクワガタでしょうか?
 それなら知ってます。

 小学校の頃、親父に縁日で買ってもらったことがある。
 まるで神様の悪戯としか思えないスタイリッシュなフォルムで、子供たちの心を掴んでやまない夏の風物詩である。

 ただ、作りすぎたというのは聞いたことがなかった。
 というか、クワガタは作るものではないと思うのだが。

 けど、彼女の手にあるプリンカップの中をよく見れば、そこには二匹のクワガタがいた。
 ♂と♀。それぞれわけて入っている。

 この隣人は、なにゆえにこのようなものをお裾分けする気になったのだろうか――。




桑山かたりです。

はじめまして。

桑山かたりともうします。

このブログでは、初心者~中級者向けのクワガタの飼い方を
書き綴っていきたいと思います。

あと、クワガタ飼育を題材にしたライトノベルなども掲載できたらいいなと思っております。

ブログを書くのは初めてですが、なにとぞよろしくお願いします。
プロフィール

桑山かたり

Author:桑山かたり
クワガタライトノベルです。
↓をクリックすると時系列順に閲覧できる目次に飛びます。

彼女のクワガタ趣味が俺の人生を侵食しそうな件

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR