FC2ブログ

クワガタ飼育ライトノベル『彼女のクワガタ趣味が俺の人生を侵食しそうな件』その2

 というわけで、クワガタオタクの女の子の部屋へとやってきた。
 部屋の中は圧巻だった。このアパートは2DKなのだが、一室を昆虫部屋にしてしまっている。そこには、数多の飼育ケースがあった。
 覗いてみると、見たこともない、おそらくクワガタなのであろう昆虫が動いている。

「おお、なんだこれ? 凄く綺麗だけど……クワガタなのか?」
「はい! それはニジイロクワガタです! 世界一綺麗なクワガタって言われてるんですよ。玉虫色が基本で、他にもルビーのように赤い個体や、エメラルドのような緑色の個体もいるんです! ほら!」
 そう言って、彼女は様々な色のニジイロクワガタを見せてくれる。

ニジイロ

 ニジイロクワガタもきらきらしているが、彼女の瞳もきらきらと輝いていた。
 クワガタを語る彼女は、とても無邪気で子供のようだった。

「そして、これは凄いですよ。ふふふ。100ミリ越えのパラワンオオヒラタクワガタです。超凶暴なので、挟まれないでくださいね」
 今度は、飼育ケースに入った、100ミリとかいうちょっとした小動物並に巨大なクワガタを見せられた。

パラワン


 こんなのが木に止まっていたら、思わず二度見してしまうと思う。
 彼女が、ペンで軽くコツくと、ぐわっと身体を持ち上げて威嚇してきた。うん、凶暴だというのもわかる気がする。

「……そういえば……名前とか、聞いてなかったな」
「あ……。はは、ですね。私は、宮間さくらといいます」
「俺は、平田だ。平田京助」



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桑山かたり

Author:桑山かたり
クワガタライトノベルです。
↓をクリックすると時系列順に閲覧できる目次に飛びます。

彼女のクワガタ趣味が俺の人生を侵食しそうな件

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR